英雄の気分になれて遊べるのが、歴史シミュレーションゲームです

by: admin

戦国時代で、天下統一を果たす「信長の野望」シリーズ

多くのかたから、愛されているのが「信長の野望」シリーズです。日本の歴史を舞台にしたシミュレーションゲームでは、もっとも人気が高いと言われています。日本の戦国時代が舞台で、天下統一を果たす内容になっています。その設定から、ご自身が英雄になった気分で遊べるのです。1983年に光栄が発売したばかりの頃は、選べる大名は織田信長か武田信玄だけでした。その他にも中部地方と近畿地方だけで、合戦をおこなうもので満足できるかたは少なかったでしょう。しかし、それから新作が発売されていくたびに選べる大名が増えてきて、日本全国で合戦できるようになりました。そのために今では多くのかたから愛される歴史シミュレーションゲームになりました。

中国が、舞台の壮大なスケールの「三国志」シリーズ

中国の後漢末期から三国時代を舞台にした、大陸で政治や合戦をする壮大なスケールなのが「三国志」シリーズです。日本の歴史シミュレーションゲームで外国を舞台にして、ここまで人気があるのは三国志だけです。その理由は漫画家「横山光輝」の作品「三国志」が多くの日本人に読まれて、人気のある時代というのが大きいのでしょう。信長の野望シリーズと違うのは、歴史には存在しない新君主というものを、作ることができるのです。日本では味わえない、大陸を舞台に戦い合う三国志シリーズは今も愛されている、歴史シミュレーションゲームです。

出世する楽しみを、体験できる「太閤立志伝」シリーズ

信長の野望や三国志とは違い「太閤立志伝」シリーズは、出世していく楽しさを味わえるのです。こちらのゲームの主人公は「豊臣秀吉」で、最初は「木下藤吉郎」から始まります。そして下級武士から大名に出世していき、天下統一をする歴史シミュレーションゲームなのです。最後は天下統一をするのですが、このゲームは出世していくのが大きな楽しみとなっているのでしょう。最初に発売された頃は「木下藤吉郎」しか選択できなかったので、物足りないかたもいたでしょう。しかし最新作では、その他にも「服部半蔵」や「九鬼嘉隆」、「納屋助左衛門」や「柳生宗厳」なども、選べるようになりました。天下統一以外にも出世を楽しめる歴史シミュレーションゲームで、多くのかたから愛されています。

おもちゃの買取をお願いする場合、おもちゃ自体の価値はもちろんですが、状態によって買取価格は大きく左右されます。箱や説明書の他、付属品も無くさないようきちんと保管しておくのがポイントです。